ウェブライダー松尾茂起のはてなブログ

ぶぶ漬け、いかがどすか?

アイデアが出ない時にシャワーを浴びると、なぜアイデアが出るのか?


これ、以前ほかのブログにも書いたのですが、こちらのブログにも書いておきます。

あくまでも僕個人の考えですので、ご了承の上でお読みください。


 

「シャワーを浴びるとアイデアが出る!」という人がいます。

かく言う僕も、シャワーを浴びるとアイデアが出る派です。

 

 

なぜ、シャワーを浴びるとアイデアが出るのでしょうか?

この疑問に対して、音楽家の端くれである僕が出した「ある結論」があります。

 

 

それは、シャワーを浴びると大量の「倍音」を浴びることができる、だからアイデアが出る、というものです。

 

 

例えばあなたはこんな経験はないでしょうか?

クラシックのコンサートを聴きにいったとき、鳥肌が立ち、パーッと毛穴が開く感覚を味わったこと。

クラシックのコンサートって、表現豊かな楽器が奏でるたくさんの倍音が集まる場所なんですよね。

 

倍音を浴びると、身体中の毛穴がパーッと開きます。

それによって、脳が活性化するといわれています。

 

あなたがシャワーを浴びているとき、シャワールームには水の反射音が、低い音から高い音まで響いています。

それを真っ裸の状態で全身に浴びれるのがシャワータイムなのです。

 

だから、湯船に浸かっているとアイデアが出にくいことがわかります。

湯船に浸かっている状態では、倍音が身体に響かないのです。

湯船に浸かるのは、リラックスしたい時には良いのですが、アイデアを出すときには向いていないと思います。

 

倍音を全身に浴びたいときは、シャワーを浴びるだけでなく、クラシックのコンサートを聴きにいったり、 森林浴に行くのも良いでしょう。

 

実は「森」ってたくさんの倍音が鳴っているんですよ。

森や山は、低い倍音から高い倍音まで、自然から生まれた豊かな倍音が鳴り響く空間なのです。

だから、森林欲って、アイデアを出すのにとても良いのです。

 

そう考えると、山にこもっての企画合宿とかって良さそうですよね。

 

 

そういえば、かのアルバート・アインシュタインもこう言ったそうです。

「シャワーを浴びているときに限って、最高のアイデアがひらめくのはどうしてなんだろう?」

 

もしタイムマシンがあったら、彼にこっそり教えてあげたいです。

「それは倍音が鳴り響いているからですよ」と。

 

 

・・・とここまで書きましたが、これはあくまでも僕の勝手な分析です。

なので、信じるも信じないのもあなた次第。

でも、倍音の観点からすると、こういう理論も考えられるのかなあと思っています。

現に僕はシャワータイムに色々なアイデアを思いついてますから。

 

あと、イヤホンやヘッドホンばかりで音楽を聴いている人は、たまにはそれらを外して、生のコンサートなどに出かけて、身体全体で倍音を思いっきり感じると良いでしょう。

 

倍音を身体全体で浴びると気持ち良いですよ。

 

 

 

あ、そうそう、この理論にしたがって、僕はホテルを選ぶ際は必ず「シャワーの勢いの強いホテル」を選ぶようにしています。

「シャワーの勢いの強いホテルMAP」が欲しい今日この頃です。

 

汐留あたりだと、「ヴィラフォンティーヌ汐留」がシャワーの勢いが強くてオススメです。

 

 

というわけで、今から全裸でシャワーを浴びてきます!

 

 

 

マンドリル