ウェブライダー松尾茂起のはてなブログ

ぶぶ漬け、いかがどすか?

頑張っている人には自然と良い情報が集まってくる件について

 

表題の通り「頑張っている人には自然と良い情報が集まってくる」ということを言う人がいる。

 

それには僕も同感で、僕も仕事をしていたら、その仕事で欲しかった情報がタイムリーで入ってくることが多い。

 

「おお、これこれ!今ちょうどこの情報が欲しかったんだよ!」的な。

 

それはある種、運というか、神掛かりな出来事のように思っていたけれど、どうやら、それは違うということがわかってきた。

 

というのも、よくよく考えれば、おそらく、自分に入ってくる情報の「量」や「質」はあんまり変わってなくて、その入ってきた情報に対して「この情報には価値があるかも」という感覚で接するようになっているからこそ、今まで見えなかった価値が見えてくるのだろうと思う。

 

自分が求めている人脈や情報が自然に手に入る法則のことを、世間では「引き寄せの法則」と呼ぶそうだけど、人はいつでも、自分さえ変われば、自分が気付いていなかった色々なものの価値を発見することができる。

 

だから結果的には、自分が引き寄せているのではなく、自分から近づいている感覚に近いかも。

 

 

マンドリル